FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフォーマンスに傾ける魂 ~"Orange Sky"live performance charity event~


もういきなり6月。かなり久々のブログ更新です。


rainydayjune2016.jpg


さすがのニューヨークも暑くなったり、どしゃ降りだったり、夏を感じます。




この時期は、アメリカでは区切りの学年末シーズンで、どこもかしこもイベント尽くしで年末並みの大忙し。




私の周りも例外ではなく、今週日曜日(6/19)マンハッタンのイーストビレッジにて”小ようニューヨーク”主催の熊本大震災チャリティパフォーマンスイベント“Orange Sky"が開催されます。



orangesky.jpg



orangeskyback.jpg



2016年6月19日(日)
18:00pm開場、18:30pm開演
Jebon Sushi & Noodle
15 St. Marks PL, Manhattan (2nd と 3rd Aveの間)
事前予約:$20
当日:$25
*軽食つき・ドリンク別
ご質問・ご予約:o_reiko@hotmail.com


今回もまたさらにバラエティに富んだ素晴らしいアーティスト、ダンサー、俳優人が揃い、軽食を楽しみつつ三セットに渡る超大作の結集したステージをご堪能頂きます。



詳細・FBイベントページ:Kumamoto Earthquake Charity Event “Orange Sky”



今回のショウにて私個人としては、ゴスペルアカペラ 、生バンドでTop 40ソング、 タップダンサー&武術太極拳のミュージカル作品でのvocal effect, プチフルールコーラスグループでの出演、そしてアレンジ曲“Let My Heart Stay By Your Side”でショウのラストに出演します。




今回特に思い入れの強いショウのラストの曲“Let My Heart Stay By Your Side”は、元々は東日本再震災復興支援曲としてJAAコーラスグループのためにピアニストの高木まりさんが作曲した"この手その手”というコーラス曲。





前回一緒にパフォーマンスがあった時に「ウツクシイなぁ〜」と思い、(要するに、ソロで歌いたくなり)詩もメロディも変えてポップバラードバージョンにアレンジしてもいいか打診したところ、快諾してくれて、ゴロっと変わったイメージに。





そして、その歌詞のベースとなったできごと。




熊本地震の余震にて、ある老夫婦は避難所に行かず、半壊した家でも二人でとどまる決心をしたところ、そこへまさかの本震が。




その動画、『熊本地震の悲劇 おじいさん おばあさん 避難所へ行かず家にとどまった結果が』コチラ




自分たちが暮らしたこの家に残りたいと言ったおじいさん、この人がいうなら私もと、固く心に決めたおばあさん。





この二人が選んだ道と結末、おじいさんからおばあさんへのメッセージを、Let My Heart Stay By Your Sideの日本語と英語の歌詞に込めました。




光栄にもミュージックオーガナイザーとしても役割を頂いてるので、その名に恥じることないよう、頑張りたいと思います。。






最近は、このイベントに全身全霊傾けているゆえ、レッスンやクラスも大きく調整。





昨日は、早朝より公立校で4レッスン、


scarvesjune2016.jpg



parachute_RPDCJune2016.jpg




昼過ぎに学校のお迎え、



直後にコーラスクラスの最終ドレスリハーサル&ビデオ撮り、


Chorus singing




シンガーずのアカペラリハ(一番苦しんどる)、

4.png




そしてバンドリハ。

band rehearsaljune2016



休憩なしで夜9時頃まで。




その後夜中3時まで撮影・録音したものを聴きかえし、反芻したりみんなに送ったりの作業、、、




さすがにその後は死んだように寝たけども。




突っ走れたのは、何よりも好きなことだから。





これしかない。





本当に、周りのみんなに感謝して止まんですたい。





毎週教えている公立学校での4クラスの生徒たちはとても賑やかで本当に愛らしい。


[広告] VPS




先生たちの子供に対する態度や接し方は本当に様々で、客観的に観察し勉強しています。




プロの幼児教育者とはいえ、本当にそれぞれ違った視点・アプローチが、、、




私なんかは、非常勤で短時間の音楽のみに集中したレッスンをする人なので、

先生のアシストのもと、キッズはみんなそこそこ集中してくれるし、
去年の教え子なんかも道で会えば“Ms. CHOCOーーー!!!!"て走って来て抱きつかれるくらい、テキトーに人気者。(自分で言っちゃうけども)




それは、ダメなことは叱ったり、大切なことを根気よく学ばせたり、失敗を成功へシフトさせる道へ誘導したり、とにかくタフなポジションではないからかも。




おやつやオモチャなどの何か(物質的なもの)を好きなだけ与えたり、楽しいことばかり&優しく接していれば、人気者にはなる。



毎日少しの時間しか会わず、その間は120%出来る限りのことをしてあげるような”普段は近くにいない甘いおとん”的な関係であれば。(主夫の方、逆バージョンで)





そう考えると、いつも身近にいて、病める時も健やかなる時も髪の毛振り乱してすべてをスーパーバイズしている”オカン”たち(オカン的役割をしている人たち)は、なんてすごいのやろうと思う。




とはいえ、今週末はイベントの日でもあり、オトンの日。





世界中のガンバルオトンたちにも感謝を届けたいですね。




『精一杯と、思いやり・感謝』が感動を起こすキーワード。




まだまだ技術的にも肝っ玉の据わり方も未熟者のわらすですが。





音楽がないと生きていけない。





音楽と言う宗教があるとすればガチ信者です。ドップリ洗脳されまくってます。





今後色んなことをもっと勉強して身につけたら、きっともっとハマってると思います。





私は一度音楽を精神的に手放した時期があり、




当時、仕事も大変なりに充実していたし、今より稼ぎもあって好きなように楽しいことをしていたけど、音楽がなかった。





音楽を聴くだけで辛く、ずっと耳を塞いでいた時期。





毎日がとてもドライで呼吸ができない様な、”ただ生きている”だけの日々でした。





そして、今度はもう二度と手放さないことに決めました。





自分に本当に必要なこと、自分が好きなことは、どれだけ逃げても追いかけてくる。





いずれ、向き合う。





そう悟った瞬間、暗いトンネルの向こうに光が見えて、


brightsundownjune2016.jpg


充実した振りをして、だましだまし生きていた自分や周りを許せるように。





レッスンにしても、ステージパフォーマンスにしても、曲作りにしても、





こんなにうつつを抜かせるほど夢中になれることがあるのは、究極のシアワセ。





好きなこと、それによって出来ることがあることに感謝して、前進し続けます!





皆様も、自分の『譲れない』スペースに向かって邁進できますように。





スポンサーサイト

生きている証を

セルフプロデュースショウALIVEまで約1週間。


alive2014_mail.jpg




リハやミーティングやプログラムやバイオ作り、連絡やり取りで走り回る毎日です。


ピアノxダンス、アートx音楽、武術xアクティング、生バンドx踊りxコメディ、etc...


幅広く活躍するプロのパフォーマーさん達の才能とアイデアが融合された一つ一つの作品にとても刺激をもらい、学ばせて頂くことが本当に多い。



皆で集まってはあーでもない、こーでもないとベストに向かうための熱い議論を繰り返す貴重な機会。



私も今回新たな挑戦をさせて頂くべく、とにかく日々身が引き締まる。




共感して協力して下さる関係者やパフォーマーの皆様、



楽しみにしていますと応援して下さる皆様、



ショウのコンセプトを受け止めた上でお断り下さった方、




私とは逆視点での考え方や厳しい見解を思い切ってシェアして下さる方、




これまで色々な方に支えられ、心より感謝しています。







最近の元気の源は、週3日大好きなヨガ、ダンスエクササイズ、バレエを受けて体を動かすこと。






それとこれ。


Nattos.jpg





食事の時間がない時の、たっぷりすり胡麻を入れた納豆+人参。
(健康代表食の納豆はホンマは手作りがいいのやろうけど)


nattoninjin.jpg

質素過ぎるけどこれでかなり腹持ちします。



胡麻に多く含まれる若返りビタミンと言われるVitamin Eは、すりゴマでなければ吸収率が低下するので、とにかくすりまくる。


ウイルスが蔓延するこの季節、粘膜を保護するベータカロチンをたくさん含む人参も。






目指せ頑丈な体!





このショウを開催するキッカケとなったことが二つあります。




忘れもしないちょうど半年前の4月11日、身に覚えのない激痛で真夜中ERに運び込まれた。




ほとんど会話もできず薄れる意識の中でも、波の様に戻ってくるあの強烈な痛み。



その度にもうとにかく気絶させてくれと願った。




こんなに痛いなら死んだ方が楽、とも。



その後、幸い手術は終わり退院。



術後は生活やリハビリもとにかく大変だったけど、1ヶ月ほどで大分回復し、



そしてその約1ヶ月後、予測もしなかった再手術・再入院。





ちょうどその時期はさまざまな辛いことが度重なり、精神的にもボロボロ。




私はこのまま普通に生きてはいけないのかもと思った。





人はどんなに頑張って生きていても突然命を奪われることがある。




戦争、事故、天災、HIVやエボラの様な疫病、たまたまそこに居合わせただけの不運、、、




そしてキッカケのもう一つは、イスラエル・パレスチナ問題。



老人、女性、子供、生まれたばかりの赤ん坊...全く非のない民間人が次々と攻撃・虐殺され、



お互いを憎む様に仕向けられ、懇願しようが、反撃しようが、泣き叫ぼうが、神を罵倒しようが、運命を呪おうが、止められない。





アメリカだって日本だって、実際どうなるか分からない。




いつ死んでもおかしくない、この時代は、そういう時代。



このショウのタイトルでもあるALIVEという曲を書き始めたとき、「頑張って生きていこう」という励みになる様な曲にしようと思ったけど、



何か違う、と思った。




キレイゴトやなくて、きっと生きていることが奇跡。




死にかけたことがある人は、そう思うはず。





死なない保障がない時代。。





なら、自分が消えてしまったときに、大切な人が絶望しません様に、あなたを守る誰かがいてくれます様に、という曲にした。
切ないけど、、、(実はかなーり暗い曲)。






この時代、ポジティブだけでは生き抜けない。





「ボクは死にましぇん」は通用せん。




「ボク死ぬかも知れましぇんので覚悟して残りの日々を一生懸命生きます」が正しい時代。





そこで、生きている今、本当に好きなことをしようと思った。



At dawn

手術後ベッドの上で、この夜明けを見ながら、思った、、、






私が死ぬ前にする事は、ステージで歌うこと。






そして今回、私に共感してくれるだろうパフォーマーの方達に声をかけた。




きっと、自分が生きていた証をパフォーマンスで残す人たち。






“ALIVE” 10/19
この日が最後のパフォーマンスになっても悔いのない様なショウにします。




技術や才能はまだまだ足らん私なのですけれどね、 必死になることはできる。




そして今の自分のやっていることを心から好きと胸を張って言える。



ワタシ、もの作りが好きなんです。



人とものを作る時のエネルギーが好きなんです。



ぜひ皆様とシェアしたいです。





皆様、ぜひお越し下さい!





SHOW START 2:30pm~

「出演者」

J STEW GROOVE ~Opening Act~
PETITE FLEUR
MINA x KATSUMI FERGUSON
TOSHI
DROPS OF TEARS (Umihei & Midori Nonaka)
SHOWJI
TAKUSHI "Huu Rock" MINAMI
RIE x CHOCO
REIKO RUSSELL
NOBUYA x J STEW GROOVE x CHOCOLITA FANKIANA
JUSTIN THYME & ZURI
AI IKEDA x KOJI NISHIYAMA
NOBUYA x TOSHI x UMIHEI x TAKUSHI "Huu Rock" MINAMI

Finale "ALIVE"
CHOCO, ZURI, SHOWJI, MINA & J STEW GROOVE


ACE Music Studio presents
Live Performance Showcase"ALIVE"
Sun, Oct 19th 2014 2pm~6pm
All ages
Admission: $12/guest list, $15/door, $10/advanced purchase ( 12 yrs and under/free)

@ DROM
85 Avenue A
between 5th and 6th St.
New York, NY 10009






Profile

CHOCO

Author:CHOCO
シンガー・ソングライターCHOCO主宰のNYクイーンズのACE音楽スタジオでは「音を通して心を学ぶ日本語クラスと音楽クラス」を開講中。プレスクール〜小学校生向けグループor個人レッスン、音楽教育関連の地域別イベントやワークショップ、またNY近郊にてパフォーマンスショウケース、交流会を主催しています。
2015年春クラス1月中旬より再開。
(公式HP)http://acemusicstudio.com

【クラス内容一部紹介】
*うた(POP・クラシック・オリジナル・童謡)
*体操と全身を使う発声練習
*ソルフェージュ
*リズム練習
*ユニゾンとハーモニー
*短調と長調(Major / Minor)

【講師プロフィール】
バイオリニストで音楽講師の祖父、Ensemble Voce Orchestral Choirマネージャー兼ソロクラシックピアニストを父にもち、幼少期より音楽環境に育つ。
ボストンバークリー音楽大学にて作曲・パフォーマンス課程を修了し卒業後NYに移住、音楽活動を続ける。
JADP認証チャイルドコーチング・アドバイザー


【コンタクト】
http://acemusicstudio.com
info@acemusicstudio.com
www.facebook.com/Acemusicstudio

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。