FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/16イベントご案内と、コーラスクラスの体験終了


3月も近く、


お日様のパワーが少しづつ強まって来ている様に感じていたところですが、また雪になるとか。




さて、来る3月16日(日)の当スタジオの『春の色みーつけた!』音楽ワークショップイベントのお知らせです!


ACE_Spring art color

(クリックで拡大されます)



【日時】3月16日(日)午後2時〜4時(*当日、日曜日クラスはお休みとなります)
【場所】Studios353 (*2/1の節分イベントの会場とは違いますのでご注意下さい)
【住所】353 West 48th Street (Bet. 8th and 9th Ave) 2F NY, NY 10036

【参加費】事前予約$12、当日$15、兄弟姉妹は$5
【対象年齢】1歳前後から小学生
【定員】25名(定員になり次第閉め切らせて頂きます)

【内容】
幅広い年齢層が参加しやすい視覚と聴覚、感覚の創造性を引き出すアート系リトミックワークショップ、絵本読み聞かせ、キッズリサイタル、ピアニストRIOや、バイオリニストファーグソン勝美氏率いる”ハーレムの小さなバイオリン教室の仲間たち♪”による演奏、スタジオJUMP代表ラッセルレイコ氏によるダンスパフォーマンス〜HIBIKI~など、観て聴いて描いて踊って歌って幼児教育に必須な五感を使い、刺激して楽しめる内容となっています。


2月25日現在でうちの子3人を含めず18名の方にご登録頂き、残席7名様となりました。
前回にも増して異例の早さでお席が埋まってます(わぁ〜!)。


ご連絡下さった皆様、誠にありがとうございます!



興味をお持ちの方は、ぜひお早めにお席を確保して下さいね ^^



皆様にお会いできるのをとても楽しみにしております♪





さて、先週末(土)のキッズコーラスクラスにお越し下さった皆様、誠にありがとうございました!!




初回は、まずそれぞれの自己紹介と、「歌」というものは、、、ということのお話に少し時間をかけました。




後半は、基礎ソルフェージュや、人はどれだけ耳に頼っているか、どれだけつられるか(笑)などの実践、そして実際に歌ってみました。



ご参加下さった皆様に頂いたコメントには、『やっぱりあの歌、感動します。ずっと歌ってます』、『楽しかったです、来週から楽しみにしています!』や、『あの後帰ってからこどもが自分からピアノ弾き始めました!刺激された様です。』


など、こちらも嬉しいものばかり。





でも中には、『うちの子にはまだちょっと難しいかも』というお声もあり。




そうなんです...こちら、”楽しく童謡を歌おう”コーラスではないので、




子供達にとって取っ付きやすい、グーチョキパーや、デンデンむし、チョウチョにカエルにチューリップ、



わんわん、ニャーニャー、コケコッコー(なんのこっちゃ)は、やりませぬ。。




音楽の時間と供に、目に見えない人間としての永遠のテーマに触れる「人間形成」の場でもあって欲しいのです。





ただ、発声やソルフェージュ練習の過程で童謡を引用する事は、あると思います!(吟じまーす。)






体験クラスでは、全然知らん人(私)が作った聞いた事もない曲を歌え!ってのも酷かと思い、この曲を説明するのに一番良いのは...と考えてたとき、ぴったりの曲を見つけました。





「キラキラ星」です。






歌詞を吟味してみると、





(1番)
A きらきらひかる おそらのほしよ
B まばたきしては みんなをみてる
A きらきらひかる おそらのほしよ


(2番)
A きらきらひかる おそらのほしよ
B みんなのうたが とどくといいな
A きらきらひかる おそらのほしよ




この典型的なABA形式童謡ソングは、とてもシンプルで覚えやすく、世界中大人なら誰もが1万回は歌っている・耳にしているはずの超ポピュラーな曲ですね。



今回注目したのは「B」の歌詞。




「まばたきしては、みんなをみてる」、とは誰が?






そう、お星様が。







で、お星様ってダレ?






そう、あなたの良く知っている、今はお星様となった「誰か」なのですよ。







そして2番の歌詞は、そのお空にいる「誰か」に、それぞれの歌を届ける。






その願いが込められたのが「キラキラ星」の歌なんだと思います。(少なくとも日本語の歌詞では)






これこそ、私が今回クラスでやろうとしているオリジナルの曲のメッセージとかなり近いと気付き、






早速クラスで手始めに「キラキラ星」を引用したところ、やはりみんな馴染みの曲という事もあり、楽しんでしっかり歌ってくれました♪





でも、今後は楽しいだけではなく、奥深い歌詞の意味合いや、それが今学んでいる曲にどうリンクするのか、じっくりブレイクダウンして行きたいと思います。






確かに言葉もままならない小さい子供にとってはまだ難しいテーマが多く含まれているのですが、


ただそこにある歌を歌う=歌わされている、のとは違う、「意味を知ること」による歌の深さも習得して欲しい、と願っています。








さて、こどもたちの中間冬休みが終わり、麗しのダラダラ朝寝坊生活が幕を閉じてしまいました。





初日の昨日、実にマンガのごとく朝鳴り響く目覚ましを投げてしまっていたらしいワタシ。

(らしい、というのは記憶がサッパリないため)





起こされた時は長男の始業時間。




(どこにも行っていないのに)ローカル時差ぼけの私、一気に日常に引き戻されました。



ヒュルリラ〜 涙。。




先週はとにかくソチ五輪で持ち切りでしたね。




今日学校から戻った長女(5歳)がもらって来たScholastic NewsのScience Spinという宿題。


Science Spin




中身を見て驚いた!



Science Spin_1


写真左に、なんと真央ちゃん!!!!





Science Spin_2


名前こそ記載されていませんでしたが、



2010年のオリンピックでの真央ちゃんの姿が、サイエンスの運動と力の見本としてNYの公立小学校の教材に選ばれていました。




こないだのソチ五輪の女子フィギュアを観てた所で、二度感動。。





真央ちゃん、ホントよく頑張りましたね。




ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、





全身で音を表現していました。





ダンスでもなく、スポーツでもない、「演技」、、、





あれだけのスペースを余す事なく自分だけの空間にし、指の先までも神経がはりつめた空気を創り上げる。






強靭な精神と肉体と訓練、その他諸々の努力がないと、できないこと。





言葉も上手く出ないけど、すごい、としか言えない。





小さい頃から、頭のてっぺんからつま先まで、その一つ一つを常にジャッジされて来たってどんな気持ちやろう?





賛否両論色々言う人はいるだろうけれど、彼女のジャンプ一つがどれだけの人の心を打ったやろうと思うと、シンプルにすごい以外何ものでもないと思う。



涙無しには観れません。。




人を感動させるのは、その人の「一生懸命」が届いてるから。




家族、コーチ、後輩、ライバルや仲間だけでなく、あれだけの人を感動させるって、その日の自分のベストを発揮するって、プロだってなかなかできる事じゃない。





もうそれだけで、十分胸がイッパイです。ホンマ、よう頑張ったよ。





ってなことを思いながら、Bud缶を4本開け散らかし、夜中過ぎまで2時間強テレビにかじりついていました。





ちょうど帰宅したうちの人、ベロ酔いで鼻水たらしながらオイオイ号泣してたワタシを見て「どしたん!?」てめっちゃ怖がった。





いーのよ、精神デトックスの涙ですのよ、感涙というのは。






そして演技終了直後の真央ちゃんの涙も、彼女の演技を観て感動した人たちと同じ涙のはず。






人生は、より多く楽しんだ人、素直に感動した人勝ちですよ、きっと。






その方が、あれこれ重箱の角つつく評価したり、0.1ポイントでうんちくつけたり、素直に感動できない人より幸せだと思う。




人は、感動の記憶を創っていくために毎日がんばって生きているのですよ。





さあ、今日も、生きている事を楽しんで、生きている感動を探しましょう☆



スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

まったり中間冬休み

VDroses.jpg


バレンタインも過ぎ、2月も後半。




なかなか雪が消えないニューヨークですが、中間冬休みに入り今週はこども達の学校はお休みですね。




そんなお休みの今週末土曜日ですが、いよいよキッズコーラスグループのレッスンが始まります!




3歳から11歳までのお子様の保護者の方からお問い合わせ頂き、今回の体験クラスでは計12人のお子様たちにご参加頂く予定です。





当初10人が定員だったのですが、(ありがたい事に)口コミで締め切り直前滑り込みセーフされた方がいらっしゃいまして、とりあえずは一旦募集を締め切らせて頂く事となりました。





私個人としては、合唱は何人じゃないといけないというルールは無いし、


1万人が歌ったベートーベンの第九〜歓喜の歌〜なんて大人数ならではの圧倒の大迫力...


何人であろうと人の魂が一つになる「合唱」の魅力を感じ、



たくさんの方と出来ればシェアしたいなんて妄想は突っ走っているのですが...





この人数が、うちの自宅スタジオと、今の私の脳みそキャパの限界かと^^;
(つまりはケア能力がないっていうハナシ)





(それにしても、まず第九を引き合いに出すんが間違っている。。?ホンマごめんなさい)





つまり、合唱は一般論的に人数規定もなく、必要によって増やせ、大人数ならではの魅力もあります。






でも!これが例えばダンスなんかになると...
(以後、勝手な妄想におつきあい下さい)





1万人がステージに乗って踊ったら大乱闘?
(絶対何百人はステージから落ちるでしょ)

...リオのカーニバルとかならあり?




はたまた、一万人のバイオリニスト...

(ちょっと見てみたい、、コンマス氏責任重大。。)







もしくは一万人のピアニスト...

(ピアノはどーする)





一万人の指揮者...(もうギャグっしょ)




そのほか、1万人でキャッチボールするとか、バスケするとか、、、




ボールに触れられないどころか、もはや危険でしかない。





あ、マラソンならイケルかな。







でも一番ステキなのは、「拍手」。




2〜3人でも何万人でも無駄なく共鳴し、「拍手をした人」と、「拍手された人」の、心が繋がる瞬間。







上記、良い、悪いは関係なく表現のツールによってそれぞれの役割の特性が異なるので、規定の許容人数は変わりますよね。(脱線し過ぎ?)





つまりは、「心の手をつなぐ」ことが出来ればなぁという思いから、この合唱の発足となりました。
(キレイにまとめると、ハイ。)





なので、ゆくゆくは多くの人と心を触れ合わせる事ができる機会になれば、と願っています。












さてこの週末、ある1歳の子のお誕生日会でハピバースデーを弾き歌う機会があり、多くの1歳児ちゃんとお会いしました。






この歳は、まだ他人を意識することによって自分の行動方針を変えるという事が無いので、




自分たちの興味があることには突進して行き、手に取り、口に運び、イヤなら投げ捨て、次の目的に突進(笑)。





その間誰がいようとも眠くなったら口を開けて爆睡、イヤな事があればどこでもエビ反りギャン泣き。




この自分の欲望や興味に超純粋な1歳児、




お母様や保護者の方たちはそらもう大変そうですが、久々客観的に見る赤ちゃんの果てしない表現の才能にウキウキわくわく驚かされてばかりの私。




しかもこ〜んな可愛いのも、今の時期ならでは♡




1yroldpiano.jpg




そうそう、ピアノたのしいよね。



この白いツルツルの歯と、それより少し上に突出した黒い歯、「ピアノ」っていうのね、って名前を覚える2年前くらいからピアノって楽しい〜!って思ってるはず。





言葉を、「ことば」という名前があるのだと理解する前に発するように。。





本当に、この1歳って脳みそ成長ミラクル期です。






1歳児は、約50個ほどのことばを理解し最初のことばを発する時期で、その6倍、つまり300個くらい理解し始めると「ママ、みて」、「これ、ちょーだい」の2語を話しだすと言われています。





乳幼児は2ヶ月くらいから音の違いに敏感になり始め、ママの声と外界の音・声の区別がつきはじめ、同時期より高低音の区別もつき始めるとか。




なので、1歳児ちゃんは、(音楽教育に発展するか否かは別としても)奇跡的な聴覚や表現力、情緒性を養っている時期なのです。




ぜひともいっぱい抱きしめて、溢れ返るほどの愛情たっぷりの抱擁と言葉を浴びせかけてあげたいものですね。





しかしなんでしょ、あの例外無くさらって帰りたくなるほどの無条件の愛らしさ。ずるいぞー。






さて次の日、子供達の学校がお休みという事もあり、なんやかんや恐ろしい時間まで寝てしまう私。




目覚めたら昼過ぎでした。



目覚ましが無いと新生児並みに寝る私。。ちなみに寝たのは午前2時。




「キミ、そんなに寝ると、シヌよ、」って、昔言われた事あった..

(「眠る」行為は「死」に一番近い状態だそうで。)





私が爆睡してた隙に、お休みのダダとチビ達はフォレストヒルズのシアターでレゴムービー観に行ってました。



TheLegoMovie.jpg



我が母校、ボストンのBerklee音大の卒業生、James T. Sale氏(Film Scoring専攻)が音楽担当しはったと。
(何も私の自慢にはならんけど;)




3人はもちろん、脳内がお子様ランチ照準のうちの人にはどうやら楽しかったそうで。




目覚めた私はとりあえずみんなの所に向かい、その後久々の飲茶へ。




dimsumshrimp.jpg



Forest HillsのQueens Blvd沿いにある、なんとかかんとかっていう飲茶で(もう名前も解らん)、海鮮づくしの点心もん平らげ、




お決まりで、そのとなりのSam Ash 楽器店へ。


Samash.jpg




入ってすぐホーンやバイオリン、左まわりにギター、でドラム、奥にキーボード&ピアノ、DJやエンジニア・プロデュースの全セクションを、初心者ばりになめまわす様に眺めて、




近いうち買わんと、と考えてた、



musicstand.jpg



この子↑↑を購入。




なんでピンクやねん、




て突っ込んだんですけど、お店のあんちゃんが言うには「うち今んとこ(お安いのは)それしか置いてへんねん、ごめんなあ。」(関西風訳)て。





でも、ガールズはきゃあきゃあ喜んでるので、まあいっか。





使用上問題ないので、大事に愛用します!






長い独り言ブログにおつきあい下さり、ありがとうございました♪







テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

歌に込める思い

フライヤーできました♪



ACEkidschorus.jpg



来月1日からスタートする、毎週土曜日の午後1時からのキッズコラースグループの参加者を募集します!




無料のオープンクラスを2/22(土)の午後1時から行いますので、どんなもんかしら?うちの子も楽しめるかしら?という方はぜひぜひこの機にお試し下さいませ。
(3月中に参加された方は、その後ずっと割引価格の$12/1回、$40/1ヶ月です!兄弟姉妹は半額)


*クイーンズ・レゴパークの自宅スタジオのスペースが限られており、トライアルは10名様で閉め切らせて頂きます。






『お歌のクラス』ではありますが、いままでクラスでやっていた「日本の童謡を歌おうクラス」ではありません。





童謡はやりません! (....たぶん。)




初めは特にオリジナル曲をやる予定です。




今回やる曲のテーマは「いのち」です。



この曲は、実は東日本大震災後の日本で自殺者が多い、という事実を知ったときに書きました。




その後、被災者支援イベントで歌ったところ、ある保護者の方がうちの子供に歌わせたいと言って下さり、クラス開講のきっかけとなりました(まあ単純な)。






また、3.11が巡ってきますね。




あの日、たくさんの方の命が奪われましたが、その後生き残った人たちは「幸運」を感じていたのでしょうか。




自分は生き残れてラッキーだ、と前向きに生きて行くべきなのかもしれませんが、ではなぜ自殺者が後を絶たなかったというのでしょうか。



配偶者、肉親、子供、友人、家、財産、仕事など、様々な宝物を失って、なぜ生き残らなければいけなかったのか、生き残された自分こそ地獄にいるようだ、と語る人もいるといいます。




生きたかったのに奪われてしまった命、生き残ったのに手放すことになった命、誕生したばかりの命、病気や寿命で消えかかっている命、全て、同じ重さの命。。




私自身、被災地の方の苦渋の生活や心の傷、今まだ残っている問題の数々につき総括・把握し切れていないこともあると思います。



でも自分なりの思いや言葉で、故郷で何があったか事実を子供達を含め周りの人に伝えて行くのは、やはり大切と感じています。



去年の夏にひとりで被災地を訪問したとき、実際に被災された方々や復興支援ボランティアの方たちからたくさんお話を伺い、津波の本や震災前後の写真集、当時の記録や新聞などたくさん頂き持ち帰ってきました。




まず伝えていく事、常に気に掛けて風化させない事が、一番大事なこと、と教わりました。





ただ、どうしても子供達にうまく伝えられないなと感じていました...たとえ絵本であっても。
子供には明確に言わないと伝わらないけど、どう話せば良いのかよく解らん。



大人でも耳を塞ぎたくなる様な事実は多いはずで。。



でも、歌なら少しは伝わるかも知れない、話で聞くだけではとても難しいことも、メロディとリズムに乗せれば言葉がスッと心に浸透してくると思うのです。



このクラスが、小さい子供達には少し重いのでは?というテーマにも積極的に触れさせる機会になればと思います。



彼らが何年後かに思い出して、「こういう事実と思いがあったんだな」と気づく、そんな歌を今こどもたちと一緒に歌いたい。



プリキンダー位から小学生を対象にしていますが、それ以上の大きい子達やパパさんママさん達にもできれば歌って頂きたいです。




本当に悲しいとき声をあげて泣いたり、怒ったとき大きな声で叫んだり、楽しいときはお腹を抱えて笑ったり、、




そう、「声」は一番身近な感情表現であり、生まれて一番始めに使う「楽器」。




腹の底から声を出しましょう!!



心の筋肉エクササイズですよ 笑



ということで、ぜひ同じ思いをシェアして下さる皆さんにご参加頂きたいと思います♪



3月中に参加された方はお得ですので、お早めにお席を確保して下さいね☆



そして、このグループで、春過ぎに「いのち」をテーマとするショウのステージに立つ事になります。(後日発表)




表現することにより、伝えていけたら最高ですね。





ぜひ、皆様のご参加をお待ち致しております!



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

大雪の立春

雪やこんこ


あられやこんこ


降っても降っても まだ降り止まぬ...



treesnow.jpg


まさに今冬のニューヨークを歌っているかのよう。




朝早く長男長女を学校へ送りに行く道は、泣きたくなる様な泥んこまみれのベッチャベチャ。




そこら中溶けた氷の「沼」ができてる。






昨夜遅くの雪が雨になった今朝は、つららツリーがたくさん!



icycles1.jpg





icycles2.jpg





icycles3.jpg


んま〜めっちゃカワイイ〜!


icycles7 copy



こんな飾りのクリスマスツリーあったな、あったあった。



と、つららアートにうっとり癒されながら家に戻って、一時間ほどしたころ、




学校から電話。





イヤな予感はテキチューしまして、長男が腹痛を訴えたらしく迎えに来いとのこと。





うえ〜マジでっかー;ってとんぼ返り




ただでさえこの雪道では行き帰りにいつもの2倍時間がかかるのに!





で、無事戻って来たは良いけれど、




当然今度は普通に学校を終えた長女をお迎えに行かねばならんので、





体調が悪い長男と、ストローラーが雪で動かずむりやり歩かせねばならん次女を引き連れ、行ったり来たり。






これって、わざわざ危険に身をさらしているんじゃ!?






最近は、長男と長女のクラス終了時間が違うので、毎日3、4往復はアタリマエ。





これに、今年からプリキンダーの次女の始業と終業時間が違えばどうなるのか...





と、何度もつららツリーを拝みつつ、うっすら恐怖を感じた帰り道。








先日3日は節分でした。





ekatamakinogu.png



大雪のため買い出しにも行けず、冷蔵庫にある材料で恵方巻きをこさえ、仕上げはシェフに巻き巻きしてもらい、



ekatamaki2014.jpg



恵方細巻き持って、しばらく会っていなかった友人宅へ。




彼女はボストンの音大時代からの十数年来の大親友で、誰もが知る素晴らしいピアニスト。





何年も某世界的トップアーティストの専属キーボーディストで世界中を駆け巡っているので、なかなか会う機会がないのだけど、去年の暮れにベーシストで音楽プロデューサのご主人とで音楽(レコーディング)スタジオをオープンしたというので、やっと見に行ける事に。




レコーディングルームやコントロールルーム、届いたばかりのレコ用マイク、スタインウェイのグランドピアノ、リバーブ用のプレート、ドラムの音響にこだわった環境、部屋の湿度や温度のケア、最高音質へのこだわり...とにかく音への情熱に満ちあふれたスタジオ。。




実際にボーカルのダブしているところをコントロールルームで見せてもらった♪




いいなあぁ、いいなぁ。絶対に良いもの作るぞ、というスピリットが取り巻いているのが解る。





で、旦那さんがせっせとレコーディングに集中しているとなりの部屋、私たちはひたすらお茶トーク。




pancake.jpg



最近のことやら今後の事やら、2014年の恵方巻き食べる時の東北東はどの方角なのかやら、




私が先月会った、突っ込みどころ満載のおばちゃん占い師の商売の仕方や、的中した事など...



coronabeer.jpg


気遣いな彼女、昔からビールっ子な私に用意してくれたコロナ。コロナと言えば大学時代!




そうそう、学生時代、今から思うとありえんくらいおバカな事に必死になって泣いて笑った。。




今はかなり違うスタンスでお互い生活しているけど、一瞬で昔に戻れるこんな時間が本当に嬉しい。






今日は、うちの人が南米出張の際買って来たご当地キャラメルが気になってたので、



chocolatecaramelcake1.jpg


キャラメルショコラケーキを焼いてみました。




Dolce de leche


これ、アメリカのキャラメルと違って、まろやかクリーミーでカーッと喉に来ない。
濃いめのコーヒーに入れてみても美味♪




ちょうどあの日本の牛さんマークのコンデンスミルクみたいな感じ。飲めるうまさ。。






chocolatecaramelcake.jpg


しっとりふわふわで、思ったよりも良い出来♪



私自身はどちらかというと、オサレなケーキにお紅茶よりよっちゃんイカに缶ビールが似合う女ですが、



春にあるショウについての話し合いが知人宅であったので、手ぶらじゃあなんですし。(よっちゃんイカを手土産にするわけにいかんのでね^^;)






どんなジャンルであっても、良いものを作ろうというエネルギーがある人といるとパワーをもらいます。




いくつになってもキラキラできる秘訣かも知れません。




さあて、春はまだ遠そうですが2/4の立春を迎え、暦の上ではもう春ですね。




私も次の目標に向かって一歩ずつ、ゆっくり進んで行きたいと思います。






【オマケ①】





大雪の日友人宅に向かう電車内でこんなん↓↓に遭遇。





kubi.png



思わず二度見。。



周りも若干どん引きの空気。




ひょえーーーー、




大雪の中これ持った人が正面から歩いて来たら警察呼ぶかも^^;



【オマケ②】


スーパーボウルの日、マクドがナントカキャンペーンディール?で、ナゲットが40個で$6やったとか。



macdo.jpg


で、うちの人が張り切って買って来たけど、すごい量。。




もうしばらくチキンナゲットはいらん〜 汗






テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

『節分を楽しもう!』ワークショップイベント終了☆

2月になり、昨日行われた今年一発目のワークショップイベント、『節分を楽しもう!』を無事終える事が出来ました。



先月の記録的寒さより少し温かめの日で、一人の欠席もなく皆さんにお会いする事ができ、感激でした♪




ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!!心より感謝申し上げます。



Feb12014_0 copy




初参加で恥ずかしげにこちらを伺ってた子、


私のオリジナルの曲を一生懸命覚えようと口をパクパクしていた子、


ピアノが気になって、そばに来ては不思議そーうな目でこちらを見つめていた子、


カエルやチョウチョになりきるのが本当に上手だった子、


Feb12014euryuthmic.jpg

様々でしたね。




Feb12014_akatarou copy

音楽ワークショップの後は、ピアノ伴奏付き絵本読み聞かせ。






Feb12014_Tomoma copy

その後、11歳のピアニスト林義真(ともま)くんや、





Feb12014_violinperformance4 copy

バイオリニストのファーグソン勝美さんがお弟子さんとスペシャルゲスト出演して下さいました♪




Feb12014_violinperformance1 copy


それまでキャアキャアワイワイ走り回っていた子達も、ぴたっと聴く体制に。。




持論ですが、パフォーマンスって大きく分けて2種類のバイブがあると思うんです。





一つ目は、観客を沸き立たせ踊りたくなったり、一緒に歌いたくなったり、叫びたくなったり「動」を刺激するもの。


二つ目は、言葉を失わせ、ただただその芸術的世界に引き込んでしまう、「無心状態」にするもの。



さっきまでの私のワークショップが1だとしたら、、彼らは2だなぁ、なんてぼや〜んと考えていました。




バイオリニストの勝美さんは、普段とっても優しくおっとりされているのですが、ひとたびバイオリンを手にするとキリッとした演奏家の顔に変わります。



しかも、生後数ヶ月のベビくんを背負って演奏されるスーパーママさん。




母として、演奏家として、指導者として揺るぎない姿勢を保たれていて、憧れてしまいます♡



スーパー演奏家ママ...カッコいいじゃありませんか!




その後は、この季節おなじみの「ゆき」、節分の「鬼のパンツ」や「豆まき」を歌い、




オニ登場!!



Feb2014_oni4.png

きゃああ〜〜〜!!!という悲鳴と同時に、



Feb12014_oni2 copy

持っていた新聞の手作り豆を投げる投げる、



Feb12014_oni1 copy

逃げるオニを「おりゃ〜〜!!!」とばかりに追いかけては、ポコポコ豆をぶつける!




Feb12014_oni5.png

怖がって泣いちゃう子がいると思うのでそのケアを...


と他のスタッフの方にもお願いしていたのですが、



Feb12014_oni3 copy 2

見て下され、みんなのこの嬉しそうな顔!





ちょっとオニさんに同情しちゃう〜 (^^;)






最後は、いつものごとくドタバタとろくに挨拶もできぬまま終わってしまって、



心残りも多かったのですが...来て下さった皆様本当にありがとうございました。





一夜明けて、私自身はもう少しああいう事に気を配れたら良かったな...と言った反省点をチラホラ思い巡らせていたのですが、




昨日参加された保護者の方々より、いくつかコメントを頂きました。



「リトミック、とても楽しかったです。うちの子はピアノの音にとても反応していました。」



「言葉のリズム遊び、家で実践したいです!もう一度教えて下さい〜。」



「今までのイベントで一番楽しかったです。特に歌とピアノ付き本読みがすごくユニークで、子供が釘付けでした。」



「ピアノも素敵でしたがバイオリンが聴けて嬉しかったです。様々な音楽に触れる機会をありがとうございました!」



「大変喜んでいました、次も必ず参加します!」




うお〜〜〜〜〜〜!!!!(嬉し泣き...(T T))




でも他には、「普段はリトミックが大好きなのですが、今日はとても緊張していたようです、残念です」とか、



「知らない子ばかりでとてもシャイになっています、すみません」というお声も頂きました。





クラスの子や何度も来てくれている子達は勝手知ったるペースがつかめているので、意気揚々と手を上げて答えたりできますが、




周りが全員が初めましての場合は、普段は元気いっぱいの子であっても身構えてしまいますよね。。




私自身が小ちゃい時そうでした...おてんばなのに初対面だととても頑固で、輪に入ろうとせずに物陰からじとーーーっと見物。




大人になった今でも、初めての人とお話をする時に少しの緊張も無いって人はいないと思います。

(それを表に出すか出さないかはそれぞれですが。。)



小さな子供達にとっては特に、こういう会に参加するだけでもとても刺激が強く、心の中には大きな緊張や葛藤が渦巻いているはず。




それは決して悪い事ではないのですが、



やはり何かしらきっかけを用意して緊張の足かせを外し、心から楽しめるよう手を引いてあげる事が大事だと常々感じます。



時間が掛かる子も、案外早い子も様々ですが...。




こういったお声をシェアして頂くのはとても貴重で、本当に心にしみます。




色々と至らない部分があったかと思うのですが、今後の成長と発展のためにも、あれが楽しかった、もっとこういう事をやって欲しい、などご意見・ご感想をお寄せ下さいませ。




毎回それぞれの方の期待に100%お応えするというのは、とても大きな課題ではありますが、



少しでも、「次回また行きたいな」、「今度はもう少し楽しめるかも知れない」、「違うお友だちができるかも知れない」、という期待が芽生える様な、



そしてその期待に近づける様な、アットホームな『音楽と文化でつながる』イベントを繰り返し行ってゆきたいと思います!


ちなみに、今年の節分は明日(2月3日)、恵方は東北東です!


スーパーボールも盛り上がっていますが、みんなしっかり豆をまいて、年の数+1のお豆さんを食べ、東北東に向かって恵方巻きを無言でかぶりつき、邪気を払いましょう♪




今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます!






テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

Profile

CHOCO

Author:CHOCO
シンガー・ソングライターCHOCO主宰のNYクイーンズのACE音楽スタジオでは「音を通して心を学ぶ日本語クラスと音楽クラス」を開講中。プレスクール〜小学校生向けグループor個人レッスン、音楽教育関連の地域別イベントやワークショップ、またNY近郊にてパフォーマンスショウケース、交流会を主催しています。
2015年春クラス1月中旬より再開。
(公式HP)http://acemusicstudio.com

【クラス内容一部紹介】
*うた(POP・クラシック・オリジナル・童謡)
*体操と全身を使う発声練習
*ソルフェージュ
*リズム練習
*ユニゾンとハーモニー
*短調と長調(Major / Minor)

【講師プロフィール】
バイオリニストで音楽講師の祖父、Ensemble Voce Orchestral Choirマネージャー兼ソロクラシックピアニストを父にもち、幼少期より音楽環境に育つ。
ボストンバークリー音楽大学にて作曲・パフォーマンス課程を修了し卒業後NYに移住、音楽活動を続ける。
JADP認証チャイルドコーチング・アドバイザー


【コンタクト】
http://acemusicstudio.com
info@acemusicstudio.com
www.facebook.com/Acemusicstudio

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。