スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/16音楽ワークショップイベント終了!&イベントのお誘い

昨日3月16日の「春の色みーつけた!」音楽ワークショップイベントにご参加下さった皆様、パフォーマーやスタッフの皆様、誠にありがとうございました。



おかげさまで、ただ一人のキャンセルもなく総計30人以上のお子様にご参加頂き、たくさんの笑顔を見る事が出来ました。



ひとえに皆様の温かいご支援・ご協力のおかげです。
心よりお礼申し上げます。




下記イベントの様子を順に記載致しました♪


リトミックワークショップ


1_BCircle.jpg


輪になって、音を良く聴いて。


2_BEurhythmic_scurf_1 copy


空間とエネルギーを感じやすいため、リトミックには良く使用される様々な色のスカーフ。




3_BEurhythmic_scurf_2 copy



放り投げたてはつかみ取りまた投げて、大好きですよね、これ♪





4_BEurhythmic_Kuma_1 copy


おネンネではありません。

ハイキング中にクマが襲って来たので死んだフリです(笑)




5_BEurhythmic_kuma_3 copy


恐がって隠れる子も入れば、中には物怖じせず肝が据わっている子も...


6_BStorytime_1 copy


ピアノ伴奏付きの絵本の読み聞かせ。ラッパを吹くブル君のおはなしをリズムに合わせて。




7_Bstorytime.jpg

「これはのみのぴこ」、わたしも小さい頃に何度も読んだ本。



8_BPerformance_cocona_copy.jpg

キッズパフォーマンス:5歳の女の子



9_BPerformance_Tomoma_1 copy


11歳の男の子



10_BTomoma.jpg


表現豊かに奏でて、みんな真剣に聴いてくれています。



11_BPerformance_RIO copy


ピアニストでいつもアシスタントをして下さったRIO先生は、今回が最後のパフォーマンスということで、自作の曲をご披露下さいました。。



とても優雅で感動的で号泣しそうになったワタシ。




大変お疲れさまでした!RIOちゃん、ほんまにありがとう。。




12_BViolinperformance_1 copy


バイオリニストのファーグソン勝美先生率いる”ハーレムの小さなバイオリン教室"の仲間達。



イベント中ピアノに慣れてしまった耳に、キュィンと張りつめた弦楽器の旋律が走り、ぅはっとさせられます。



バイオリンの音をこんなに近くで聴くのは初めて!というお子様達もきっと多く、、


13_BViolinperformance_6.jpg


ピアノも弾かれる多才な音楽家の勝美先生。ベビ君を背後に、音楽家としての素晴らしいオーラが。



14_Violinperformance.png



バイオリンでウットリ。。スタジオはまるでコンサート会場のような空気に。



15_Performance_Reiko_copy.jpg


最後は、ダンススタジオJUMP代表のラッセルレイコ氏によるソロのパフォーマンス。



16_BPerformance_Reiko_1 copy


ライトを落とし、鬼のお面で登場、演出も含めものすごいド迫力にあちこち泣き出す子達が!(汗)



大人でも圧倒されましたもん、それだけ素晴らしい表現力ということ!


17_BPerformance_Reiko_8 copy



最後は、楽しくみんなでレイコ先生のダンスのステップワークショップ♪



怖がっていた子達もぴたっと泣き止み、1歳くらいの小さい子達までも頑張ってついて行こうとしていたのがとても印象的でした。






パフォーマーの皆様、大変お疲れさまでした。




一人一人の方の姿勢と真剣さが本当に”プロフェッショナル”で、出番になると一瞬で場内の空気が変わる。




観客の心をつかみ、みんなのボルテージがどんどん上がって行くのを感じました。




私個人的には、45分で終わるはずの最初のリトミックを1時間15分くらいやってしまい、



”春の色を描こう!”アートの時間やパフォーマンスも大慌て、結局時間延長することになり




段取りの反省点がチラホラ、、(汗)あるのですが、




出演者やスタッフ皆様の協力とサポートにて、どうにか無事に事なきを得る事が出来ました。




みなさま、今後とも何とぞ宜しくお願い申し上げます。



重ねて感謝を申し上げます!








さて、今回また別のイベントのご案内です。



3/19(今週水曜日)にマンハッタンにて、今回ご出演下さったファーグソン勝美さんが主催の3.11メモリアルコンサートが行われます。




Memorialconcert_Mar19.jpg

(クリックで拡大)


Japan 311 Memorial " Four Seasons " Concert 2014

Wednesday, March 19th 2014 , opens at 8:05pm / starts at 8:15pm
Tenri Cultural Institute of New York
43 A, West 13th Street bet 5th & 6th avenue New York NY 1001




お子様連れもオッケイとのことですので、ご都合宜しい方々はご友人をお誘い合わせの上ぜひ!




3年目の3月11日は先日過ぎてしまいましたが、支援というのはどんな時期にでも色々なかたちで可能です。





風化させないのがイチバン大事。






私個人の話ですが、私は母の実家である宮城県と福島県の県境にある丸森という村で生まれました。




ちょうど福島の南相馬町から車で1時間、相馬町からは30分という場所ですので、ほとんど福島ですね。




毎年秋にはたくさんおいしいお米が実り、私が生まれた日(10月)には蔵王山に初雪がおりたと繰り返し言い聞かせられました。




東北は秋もまたとても寒かったのでしょう。





そこで生後数週間を過ごし、母が産後体調を崩していたときずっと世話をしてくれたおばあちゃん。





そのおばあちゃんと最後に会ったのは、おばあちゃんが入院をしてお見舞いに行ったとき。私は高校生。





病院のベッドの上で、「クラッシックはわからん、んだどもビバルデーは好きだの、ビバルデーは」と言って、”春”を鼻歌で歌っていました。



「びばるでー。。(”で”になぜかアクセントがあった)」






そんなおばあちゃん、震災後の2012年夏に帰らぬ人となりました。




今回、最期に会えなかったおばあちゃんに会いに行く様な気持ちで、このメモリアルコンサートに行ってきます。




音楽は人の心を紡いでできあがります。




その場で楽しめるだけではなく、記憶と印象として将来に息づきます。





みなさんにもきっと、東北を思う気持ちや音楽を愛する人たちの心が伝わり素晴らしい記憶となるはず。




その為に、こういう機会を作って先導して下さる方達の活動に携わったり、少しでも寄付をしたり、微力でもサポートしたり、



やれることは転がっているはず。




本日も雪マークとなった寒々しいニューヨークですが、もう少し春が近づいて、皆さんの心も温かくなりますように。



スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

体と心の自己流健康法

極寒続きだったニューヨークも、吐く息の白さはなくなり、うららかな春らしい気候に近づいて来ているようです。




今週(3月7日号)のジャピオン「子供がいる家族向け情報満載!春の新生活大特集」号のママの味方!デラックスコーナー内で、えーす音楽スタジオの情報と写真がフィーチャーされました。





画像が悪く見づらいのですが、今週号をお手持ちの方は除いてみて下さい♪



Japion_Mamanomikata1.jpeg


⬆は、昨年初夏にみんなでピクニックをした時の様子(右下)



Japion_mamanomikata2.jpeg


公園デビューしませんか?(笑)で、公園につき紹介させて頂きました♪

(右下の写真は水遊びしたときのこども達。みんな泥んこ!)



この日は夏休み直前の最終クラスで、爽やかな青空の下お歌を歌ったり本読みをして、クラス終了後みんなでピクニックをして夕方まで遊びました。




寒いとどうしても室内にこもりがちなので、早く温かいお日様の下で思いっきり走ったり飛び跳ねたりさせてあげたいですね。




いつもと違う環境の青空教室、めっちゃくちゃ気持ち良かったです!!




また絶対やるぞーーーー!





さてイベントを今週末に控え、誠にありがたい事にたくさんの方より参加ご希望のお声を頂きました。




当日は、私やスタッフの方達の子供を含むと、30名以上のお子様たちが参加される予定です。




募集を締め切らせて頂いた後も、3、4名の方より参加ご希望のご連絡を頂きましたが、誠に申し訳ないながらに、キャンセル待ちとさせて頂いております。





最近では、募集を掛けさせて頂いているローカル新聞等が発刊されるよりも前に、満席になる事が多くなって参りました。

記事掲載の時期はこちらから指定する事が出来ないため、何とぞご了承下さいませ。




ですので、ご興味をお持ち下さっている方には優先的にイベント情報を受け取れるメールアドレス登録*をお奨めしており、実際にも優先メールを受け取られている方により半席以上が埋まっております。

(*登録はもちろん無料、個人情報を第三者に受け渡す事や当スタジオと全く無関係の勧誘メール等は致しません。)



この事より、もしやむを得ずキャンセルをされる方は、スムーズにキャンセル待ちの方にお席を譲れる様、なるべく早めにご一報下さいますよう何とぞお願い申し上げます!







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、先週は、毎日2つほどコンサルティングやレッスン、ミーティング、一つ大きな仕事が入ったり、お誘いなどその他諸々があり、かなりバタバタとしていました。





年明けから体調も優れなかったことより、病院に行って来たり。





夏時間にもなり1時間早く起床、、、




夏に近づくのは嬉しいですが、睡眠不足だとミイラ化する私。





長男の始業は朝8時から。




でも3日前ので計算してみると朝7時から!!

てことは今までの時間で何時起き...??





と、戻らない時間を嘆いてしまう夜行性動物のワタシ。






土曜日のコーラスクラスでは大声を張り上げ、その夜は友人のお別れ会で夜中過ぎまで話し込んで飲み明かし、その後クラスのプリントを2:00amまで作成してたら、その瞬間に時計が3:00amに。




その瞬間にどっと襲って来た疲れと睡魔ったら無いっす。






夜が明けて、夏時間で起床&日曜日のクラス。





んで、声がまったく出ない。




「ハイ、歌ってぇえぇ、、、」ってカスカス声を絞り出し、生徒にもケラケラと笑われる。。




もともと体力がアリンコ並みなので体力作りをしなければ...と最近思ってたところ、誘われたバレエのバーレッスン。



balletbarlesson.jpg


皆さんダンスの先生や経験豊富な方達なので、色んな事が学べてとても楽しい♪




バレエは超初心者ですが、姿勢を正すって大事。





体もシャッキリして爽快感が違う。。継続して頑張らねば!






次の日は、学生時代の旧友がニューヨークに遊びに来ているので、主人の勤務するお店でちょっと贅沢ランチを♪



nobucocktails.jpg




tunacaviartai.jpg






お昼から飲むのサイコーの贅沢ですが、その後が機能しないので大変。
(でものんじゃう。。仕事ない日は)



fourdeserts.jpg


お腹いっぱいでもデザートは入るんだわ、なぜか。





観ても食べてもおいしい食べ物は、心にも体にも良さそうだし、
贅沢で繊細な食事って特に女性の五感を喜ばせてくれて、ホント幸せを感じます...☆









こちらは今夜の子供達が寝た後のお楽しみ時間のお供。
(夜ごはんやないどー)


surumetocheese2.jpg


スルメに七味マヨと、リッツにカマンベールxブラックペッパー




こんなメニューですが、この日は休肝日なのでアルコール無しで、代わりにレモンを搾ったスパークリングウォーターをタップリ。



休肝日お決まりのヒアルロン酸なんとか顔パックをしながら、こういうのをツマミながら、ぼーっと音楽聞いたり、大好きなマンガ読んだり、すごい心が癒されます。





なんか、オッサン化した女子もしくは、女子になりたいオッサン(?)のようなワタシ。







このスルメ”いかよっちゃん”は、先々週末のブルックリンでの震災復興支援イベントで頂いたのです♪





スルメ食って支援になるならば、なんぼでもカミカミするわよ(弱い歯がちょっと心配)。






こちらは昨日行った"TOGETHER FOR 3.11"追悼式で購入。


Earthquakereliefitems copy



福島ラブラッピングペーパー、岩手県のまけないぞうタオル、福島の復興メモパッド、





どれもこれも可愛くて愛情たっぷり♡




まけないぞうタオルにいたっては、初め一つだけ購入したのに子供達がすごい勢いで奪い合い。





挙げ句の果て、販売ブースからアイテムをさらって泣き叫びながら逃げ去ろうとする次女の万引き未遂騒動。。

(もう連れて来んだらよかばい。)





まあね、そらこんな可愛いもの売ってちゃ、欲しいわさ。




で、三つかわいく平和に(!)購入、ホッと一段落。





これらアイテムは、恐らく今後も何かしらのイベントで入手可能なはずですので、ぜひ購入をおススメします♡





3.11の時期が過ぎても、支援はいつでもできますし、いつでも需要はあるはず!





3月10日のニューヨーク、日本では3月11日の三周年ですね。



今回、”被災地にクリスマスカードを届けよう!〜Xmas cards from friends around the world〜”を企画された田中拓男さんが、「それぞれに追悼の式に参加されるとともに、自宅や職場でカードフレンドと一緒に地球上を追悼の美しい花で飾りませんか。」と呼びかけられていて、素敵だなと思い、さっき駅前で可愛らしいチューリップの花を購入してきました。





Tulip01.jpg





Tulip02.jpg



この企画のFacebookアカウントはこちら



お花って観ているだけでもホッと心が癒されます。




お花を飾るのも、心の健康法。





まだ蕾は堅いですが、温かくなるにつれ満開となるはず。





その頃には東北地方も春一色、厳しい冬を越えてみんなの心の緊張も解け、たくさんの笑顔の花が咲きます様に。





テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

3.11支援のかたち

3月、まだ雪がちらつき寒さが続くニューヨーク。





この度、3月16日の『春の色みーつけた!』音楽ワークショップイベントにつきWeekly Biz新聞さんの3月1日号にてご紹介頂きました。



いつもいつも、誠に感謝しております!(ペコリ)

Weekly biznews03032014

(クリックで拡大)



おかげさまで、残席あと2席となりました!



ご興味をお持ち下さった皆様、本当にありがとうございます。




参加ご希望の方、迷っている方は、すぐにでもお席を確保して下さいね!




なんてことばかり言うと「ちょっとアンタ、こんなチャンスもうあらへんで、ええのん?」ってな、やらしー関西人風セールスマン的脅迫勧誘っぽいのでやめとこかな 汗 
(関西弁の方がセールス人ぽい。。なんとなく)






でも、ご参加下さった方に、「行って本当に良かった〜」ミスった方には「次回こそ必ず!」と思って頂ける様な、全身全霊込めたイベント作りを心がけたいと思います!





さて昨日3月3日はひなまつりでしたが、朝からあれこれと忙しくしておりまして、、、






まあ率直に言うと、すっかり忘れとりました。






bigGyoza.jpg


子供たちの好物、デカ餃子で免罪(笑)。





我が家には女の子が二人いますが...全く気付かれていないので、良しとしよう。(知らぬがホトケ的な)







3月と言いますと、ひなまつりですが、






近年やはり私の中では3.11の方が大きく印象づいています。(というお祝い放棄のウマい言い訳...)






先週末は、クラスの後ブルックリンまで知り合いが勤務するJ-COLLABO主催の−Kaleidoscoping Tohoku -” 3 years after the disaster in 2011”というイベントへ足を運んで参りました。





昨年夏の帰国時に訪問した、宮城県石巻市牡鹿半島のお母さん達の映像や、(懐かしい!)


Ishinomakinookaasanntachi.jpg




当スタジオの去年の『こどもの日を祝おう!』イベントでもワークショップをさせて頂いた、東北で生まれた新しい手作りブランド "TOHOK" やOCICA(牡鹿半島のお母さん達による手作りアクセサリーブランド)の紹介、


Ocicasgift means


"Wishing your dreams come true…"という願いがこめられたOCICAアクセサリー





被災地の復興のために、と並べられたチャリティセールの品々、






LoveJapanTshirts.jpg





giftstosell.jpg






Fooddrink.jpg


おいしすぎるフードにお酒...(♡)





支援というよりは、観て買って食べてしゃべって確実に楽しんでしまったイベントですが、




この機会のために渡米された方や、現地で支援活動をされている方、色々な方とお会いしお話をする機会を得て、日本の今やこれまでの3年間など、少しばかり振り返る事ができたかなと思います。





私を含む多くの方は、何かあれば復興を支援したいと常に考えていて、でもその窓口がすぐ近くにはない、と感じていると思います。





そんな折りに、どのような形であっても、少しでも参加できる、自分にもなにかできることがあると感じさせてくれる場所の提供は、本当に必要だと感じます。






塵も積もれば...なんて失礼極まりないたとえですが、願う力が集まれば集まるほど、多くの人を助ける原動力となるという事です(ハイ)。





この時期は特に、NYのあちこちで被災地復興支援のイベントが開催されていますね。





中でも、今週行われる復興支援の二つを紹介させて頂きたいと思います。




一つは、今年で3年目となるTOGETHER FOR 3.11、東北へ一緒に祈りを届けようというイベント。


1897920_643484715712378_1362230491_n.jpg

(クリックで拡大)


DATE: 3/9/14 (SUN) 3/10 in Japan
Doors Open: 4:00PM
Memorial Ceremony: 4:45PM – 5:45PM
Doors Close: 7:00PM

PLACE: First Church of Christ, Scientist
10 West 68th Street at Central Park West, New York, N.Y. 10023




もう一つ、震災後三年経った福島について考える、Consortium for Japan Relief 〜Fukushima Three Years Later: Staying Behind and Moving Forward〜



cropped-cjr-2014-symposiumcoverphoto.png


Sun, March 9th, from 2-5pm
@Milbank Chapel(Columbia University Teacher’s College)






なんとこの二つとも日も時間も丸かぶりだそう...





ですが、





どちらに参加するでも良いのだと思います。





この二つ以外にも、たくさんの被災地復興支援イベントがこの時期行われます。





でもどれであっても、目的は同じです。





要は、被災された方々の支援です。




義援金を送るのか、支援物資を送るのか、精神的なケアなのか、忘れていないよというメッセージなのか、お年寄りの方に向けたものか、はたまた小さい子供に向けたものであるのか、、、形や支援のルートは違いますが。






その中で、自分がより支援をしやすい、これならできると思うものに参加すれば良いのだと思います。









個人個人が、できる事を続けるのが一番なんだと思うのです..







私は去年の夏、宮城県石巻市を訪ねましたが、






周りの方にお世話になりっぱなしで、お祭りで遊び歩いて飲んだくれて(笑)、知り合ったばかりの人の家にゴロ寝させてもらって、修学旅行に行った学生気分で帰ってきました。







一体何しに行ったん?ってな具合です(笑)。






その直前(6月)に被災地復興支援コンサートで演奏に行った父と母からは、「一時帰国中にオモシロ半分で被災地行った所で何ができると思うの!?」とはじめ猛反対されていました...




正直な所、なーんもしてません。
(酔っぱらった勢いで知り合ったばかりの人のお祭り屋台の売り子になり、チューハイとフランクフルト叩き売って完売させたくらい。)






でも、色んな人に会えたし、前よりも、もっともっと東北を好きになった。






行って無駄な事は何もなかった、と思う。





現地の人にお世話になり励まされて、感動をたくさんもらった(立場が逆?)





私よりも、もっともっと需要に的確で効率的な支援をされる方はいらっしゃるだろうけど、






そういう方の周りにくっついて、痒い所に手を延ばす役割だって良い。






私でもできる事があれば...





と願ってやみません。







MHTnight.jpg



なんて、ぼんやり思いながら、雪がちらつくブルックリンからマンハッタンを迂回してクイーンズまで帰った夕方でした。





今日も極寒ニューヨーク。





でも、春はゆっくりと近づいているはず...












テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Profile

CHOCO

Author:CHOCO
シンガー・ソングライターCHOCO主宰のNYクイーンズのACE音楽スタジオでは「音を通して心を学ぶ日本語クラスと音楽クラス」を開講中。プレスクール〜小学校生向けグループor個人レッスン、音楽教育関連の地域別イベントやワークショップ、またNY近郊にてパフォーマンスショウケース、交流会を主催しています。
2015年春クラス1月中旬より再開。
(公式HP)http://acemusicstudio.com

【クラス内容一部紹介】
*うた(POP・クラシック・オリジナル・童謡)
*体操と全身を使う発声練習
*ソルフェージュ
*リズム練習
*ユニゾンとハーモニー
*短調と長調(Major / Minor)

【講師プロフィール】
バイオリニストで音楽講師の祖父、Ensemble Voce Orchestral Choirマネージャー兼ソロクラシックピアニストを父にもち、幼少期より音楽環境に育つ。
ボストンバークリー音楽大学にて作曲・パフォーマンス課程を修了し卒業後NYに移住、音楽活動を続ける。
JADP認証チャイルドコーチング・アドバイザー


【コンタクト】
http://acemusicstudio.com
info@acemusicstudio.com
www.facebook.com/Acemusicstudio

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。