FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の根底

7月もすでに終わりかけ、毎日蒸し暑い日が続く、


flowerandchamp.jpg




といっても、例年に比べると大分マシな方。





去年夏中過ごした日本では、熱風を顔面からずーーーーっと当てられている様な40度近くの暑い日が続き、スコールの様なゲリラ豪雨といわれる強烈な雨に1日2回襲われる事も。





今年は、泳ぎに行くには物足りない暑さかもしれないけど、クーラーもほとんど使用する事なく過ごしやすくて良い。






先々週は術後(再来)検診のためミッドタウンのかかりつけのドクターを訪問。

midtown to Dr



もう今まで通りの生活で運動も問題ないと言われ、心の中でちっちゃくバンザイ♪




病は気からと言いますか、、





やっぱりこのお墨付きを頂かない事には、何となく不安がまとわりつくんでしょね。




で、なまりまくっている体を動かしに、早速ダンスやエクササイズクラスに行ったり。




フツーに健康って、なんてすばらしい。。






先週末は、当スタジオの音楽・アートのコラボワークショップでもお世話になったパフォーマンスアーティストの西村りえさんのマンハッタンでのパフォーマンスを見に行って来ました。


Riesanperformance.jpg



りえさんのパフォーマンスは音楽と切り離せないもので、音に反応し身体表現を通してそれをキャンバスに描き表すというスタイル。



colorpaints.jpg



時間とスペース、エネルギーの組み合わせから形になっていく作品は、まるでエミール・ジャック=ダルクローズが提唱したリトミックの概念そのもの。
(きっと彼女はダルクローズを意識してるわけではないと思うけど..)





芸術の根底にある全てのものはやっぱり繋がっているのだと感じる瞬間。





音大時代のsongwritingの先生が言っていたけれど、芸術は要は「I LOVE YOU」を伝えるもの。




観せたい、聴いて欲しい”誰か”がいるから、みんな必死でそのより良いツール(技術)を身につけるため練習して、表現する。




その誰かは、恋人や家族だけじゃなく、地球の裏側にある遠い国で暮らす、会った事もない人たちかもしれない。







その次の日は、バイオリニストのファーグソン勝美さんの旦那さまのお誕生日会、という名のジャムセッション(笑)にお邪魔して来ました。



crowdjuly202014.jpg



彼女のご主人はジャズピアニストで、音楽に溢れた生活をされるお二人に相応しく、ゲストの方達はほとんどがミュージシャンの方達だったとか。さすが!笑


they.jpg




中には日本でも超有名な世界的音楽家の方達もいらっしゃって、光栄にも挨拶を交わしたり、写真ご一緒させて頂いたり、


barryus.jpg

(ジャズ界の大御所バリー・ハリス氏と、大好きなファーグソンファミリーと♡)






mewithcraig.jpg

歴史的ジャズドラマーRoy Haynes氏のお孫さんであるCraig Haynes氏と。
(勝美さんが撮って下さった♪)






Mesinging.png





旦那さまをバックに歌わせて頂いたり、、、(ムンクばりに叫ぶの図w)




こんな素晴らしい音楽家の皆様とお会いでき、演奏を拝聴し、たっっっくさんエネルギーをもらって帰りました★



とにかくみなさん、交代しながらと言えど数時間演奏しっぱなしで音楽が止まらない。




自分たちを表現するのが本当に好きで、躊躇がないんですわ。







1秒1音に魂を込める。





聴く側も聴かせる側もその瞬間に、なんと言うか神的なものが見える瞬間があり、いちいち昇天しそうになる 笑






素晴らしい音楽と音楽友達に囲まれたファーグソン一家に感謝と拍手♪





さて最後に、


ブログでのご報告が遅れていたのですが、福島県郡山市の尚志高等学校、杉原長次先生より、先述の西村りえさんとの音楽xアートのワークショップイベントで作成し被災地のみんなに届けた絵につき、下記のお写真とメッセージを頂きました。


ニューヨークから2


「すばらしい作品に尚志高校の生徒会のみんながとても喜んでいました。この生徒会が(世界中から被災地に贈る)クリスマスカードの展示会、カードの仕分けなど手伝っています。」







そして、その後このアートワークは、七夕の日に郡山市にある尚志緑が丘幼稚園、保育園の子供たち(幼稚園児200名、保育園児100名、学童保育の生徒が200名)にお披露目となりました。


frompreschooler fukushima




localnwspaper.jpg



当日は新聞社からの取材もあり、絵を通してニューヨークからのメッセージが市民県民一帯に届けられた事を本当に嬉しく思います。




(このイベントと企画にご協力下さった皆様、関係者の皆様、心から感謝していると同時に大変励まされました。何度お礼を述べても足りません。本当にありがとうございます。)





実は私自身、この時期かなり疲労困憊していました。




2度の手術と入退院を繰り返しフィジカル面はもちろんのこと、大小さまざまな事がこれでもかというほど重なった時期で、




身体的に死にかけ(極端な表現ですが;)たことよりも、その時期の精神的苦痛の方が遥かに酷く、





いまになって冷静に振り返ると、ほっといたら少し危ない状態だったな、、、と思います。





大事件があったというよりは、恐らく通常の自分ならはねのけて忘れてしまえる様な色々な事が、雪だるま式に急降下していたというか、





人間ってこんなに軽く壊れてしまうのやわ、と恐くなった。




でも、遠くの故郷にいる人々からの「ありがとう」は、本当に嬉しくて、ただ感動。






ありがとうをもらえるって、なんて元気をもらえることなのでしょう。





イヤもう、コッチがありがとうですよ、といつも思う。




もちろん、楽な事ばかりではないし、、、というか楽じゃない事だらけなのかも(笑)しれないけど、プライドを持つからこそズタボロ雑巾みたいになることもあるのだろうけど、




好きな事なら、また立ち上がれるというか、




本当に好きなら、やめる方が辛いもの。






自分の作品や企画を通して「I LOVE YOU」を送り続け、ありがとうをもらう仕事をしていきたい、といつも思います。





Nene to Himawari






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/29 08:43)

郡山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

CHOCO

Author:CHOCO
シンガー・ソングライターCHOCO主宰のNYクイーンズのACE音楽スタジオでは「音を通して心を学ぶ日本語クラスと音楽クラス」を開講中。プレスクール〜小学校生向けグループor個人レッスン、音楽教育関連の地域別イベントやワークショップ、またNY近郊にてパフォーマンスショウケース、交流会を主催しています。
2015年春クラス1月中旬より再開。
(公式HP)http://acemusicstudio.com

【クラス内容一部紹介】
*うた(POP・クラシック・オリジナル・童謡)
*体操と全身を使う発声練習
*ソルフェージュ
*リズム練習
*ユニゾンとハーモニー
*短調と長調(Major / Minor)

【講師プロフィール】
バイオリニストで音楽講師の祖父、Ensemble Voce Orchestral Choirマネージャー兼ソロクラシックピアニストを父にもち、幼少期より音楽環境に育つ。
ボストンバークリー音楽大学にて作曲・パフォーマンス課程を修了し卒業後NYに移住、音楽活動を続ける。
JADP認証チャイルドコーチング・アドバイザー


【コンタクト】
http://acemusicstudio.com
info@acemusicstudio.com
www.facebook.com/Acemusicstudio

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

QR code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。